K&K

教育システム

教育方法について

photo

K&K(ケイアンドケイ)では「ある独特の考え方」で美容技術を捉えています。勉強ができる子、できない子の違いは何だか分かりますか?出来ない子は、『勉強が出来ない』わけじゃないんです。
『自分が理解する前に、授業が先に進んでしまった』だけなのです。内容を理解する前に、どんどん先に進んでしまう…。その循環が繰り返されると、もう授業についていけなくなります。これって、美容技術を習得していく上でも、同じことですよね。
手先が不器用で大丈夫。まず最初に、『理解するためのコツ』を、きちんと落とし込みます。それが当店の教育におけるスタートラインです。

K&Kの目指すスタイリスト像

日々変わりゆく現在社会ですが、お客さまの「キレイになりたい」という想いは変わりません。お客さまのニーズをきちんと捉え、『こうなりたい』という思いに対し、『付加価値』をつけられる美容師。それがK&Kの目指すスタイリスト像です。そのためにも大切なのは、体系的に技術を習得すること。世の中のどんな技術にも、『原理原則』はあります。例えば、似合わせ。

  • お客様のやりたいスタイルが解る。(カウンセリング力)
  • 似合うスタイルが解る。(イメージ力)
  • お客様の条件(頭蓋骨・毛流・毛量・毛質)が解る。(観察力)
  • それらを包括的に判断し、設計できる。(設計・展開図)
  • 設計したものを正確な技術で表現できる。(日々の練習・経験)

「どうして、このヘアスタイルにしてくれたの?」と、もしもお客様に質問されたとき、一番必要となる考え方が、『裏付けのある設計』なのです。確かな裏付けがなければ、根拠のない設計になります。根拠のある設計ができなければ、「お客様に最適なヘアスタイルを提供する」ことが難しくなる。当店では、アシスタント時代から、あらゆる技術の原理原則を、きちんと落とし込んでいきます。そうすることで、質の高いアシスタント・スタイリストが育つ仕組みを作りました。あなたにもK&K(ケイアンドケイ)で本物のスタイリストを目指しませんか?